06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーリンク

スポンサー広告

マンダレー航空が三菱のMRJを6機購入予定

2014年07月31日
☆ミャンマーの旧首都ヤンゴンの安宿情報

マンダレー航空、三菱MRJを6機購入

マンダレー航空が三菱航空機のMRJ90sを
6機を購入するようです。

MRJは三菱リージョナルジェットの略で、
小型旅客機のようです。

国内の短距離を飛ぶには丁度良いのかもしれません。

スポンサーリンク

スポンサーサイト
旅行情報 | コメント(0) | トラックバック(0)

きんでんと住友商事がミャンマーで電気工事の技術者育成

2014年07月30日
☆ミャンマーの旧首都ヤンゴンの安宿情報

ミャンマーで電気工事の技能者育成

ミャンマーで不足している技術者の養成と、
さらに増える将来のインフラ保守・整備にも
対応するためでしょうか。

きんでんで研修を受けたミャンマー人講師が
技術者育成にあたるようです。

スポンサーリンク

ミャンマー | コメント(0) | トラックバック(0)

フォードのピックアップがミャンマーで人気

2014年07月29日
☆--ミャンマーのネットで予約できるホテル--☆

フォード、ピックアップ人気

ミャンマーではピックアップトラックが売れているようです。
地方の顧客は2列シートのピックアップが人気らしい。

ピックアップが都市部よりも地方で売れるのは
わかるような気もします。
荷台にも人を載せることができるからかもしれません。

日系のいすゞなどは進出しないのでしょうか?

スポンサーリンク

ミャンマー | コメント(0) | トラックバック(0)

タイのシャブシがヤンゴンに1号店をオープン

2014年07月28日
☆--ミャンマーのネットで予約できるホテル--☆

タイのシャブシがヤンゴンに1号店をオープン

タイの飲食店チェーン大手オイシ・グループが
ヤンゴンにビュッフェ形式のレストラン「シャブシ」の
ミャンマー1号店を開業したようです。

タイでは行列ができるほどの人気のレストランです。
カウンターに一人用の鍋があり、目の前を
回転寿司のように具材が回ってきます。

どう見てもタイスキだと思っていたのですが、
日本風のシャブシャブがアイディアの原点なのか
店名がシャブシ。シャブシャブとスシを合わせたもの?

ミャンマー人にはウケルのでしょうか?

スポンサーリンク

ヤンゴンで食べる | コメント(0) | トラックバック(0)

KDDIがミャンマーで携帯事業参入

2014年07月27日
☆ミャンマーの旧首都ヤンゴンの安宿情報

KDDIがミャンマーで携帯事業参入

KDDIと住友商事がミャンマー郵電公社(MPT)と提携して
携帯事業に参入するようです。

ミャンマー郵電公社はミャンマーの国営企業で
既にあるインフラを利用することができるのも
メリットで、事業として堅い感じ。

日本のAUの契約者がミャンマー国内で
安く使えたりできるようにならないものだろうか?

スポンサーリンク

ミャンマー | コメント(0) | トラックバック(0)

韓国の現代自動車がミャンマーで自動車のリース事業を開始!?

2014年07月26日
☆--ミャンマーのネットで予約できるホテル--☆

韓国の現代自動車がミャンマーで自動車のレンタル事業

韓国のヒュンダイがヤンゴンでカーリース事業を
開始するようです。

日本の中古車を貸し出すものはあったものの、
新車メーカーがレンタル事業をするのはミャンマー初。

外資系企業の進出が増える中で
レンタカーの需要も増えているようです。

韓国、足回りが良い…。

スポンサーリンク

ヤンゴンの交通手段 | コメント(0) | トラックバック(0)

特恵関税制度(GSP)への期待からミャンマーへ進出する企業

2014年07月25日
★9月15日までの予約が日本人限定55%OFF! ザ バークレイ ホテル プラトゥーナム・バンコク

ミャンマーで人手不足の縫製業界

台湾靴大手の宝成が海外生産のリスクを分散するため、
ミャンマー進出を決めた。

生産基地を持つ中国では人件費が高騰し、
ベトナムでは反中感情が高まっている。

インドネシア、米国、メキシコ、バングラデシュ、カンボジアにも進出済み。
生産地をさらに広げる方が、危機管理に対応しやすいと判断したようです。

欧米や日本への輸出拡大も、ミャンマーに進出する背景にあるようで、
日本と欧州はミャンマー製品の輸入関税を優遇する特恵関税制度(GSP)を
実施しており、米国も早晩、同様の制度の適用を始めると予測されるとみているようです。

スポンサーリンク

ミャンマー | コメント(0) | トラックバック(0)

ヤンゴン川の港に停泊する船舶

2014年07月23日
☆ミャンマーの旧首都ヤンゴンの安宿情報

ヤンゴン川赤レンガ倉庫前に停泊中のフェリー

ミャンマーのメインの港のヤンゴン港。
手狭になってきて、現在はもっと河口方面に
新しい港を建設中。

いずれ、ここは役割を終えてなくなるような気もします。

スポンサーリンク

ヤンゴン | コメント(0) | トラックバック(0)

ミャンマーが採取産業透明性イニシアティブ(EITI)加盟の候補国に

2014年07月21日
☆ミャンマーの旧首都ヤンゴンの安宿情報

採取産業透明性イニシアティブ(EITI)

ノルウェーに本部を置く「採取産業透明性イニシアティブ(EITI)」は
メキシコの首都メキシコシティーで理事会を開き、
ミャンマーをEITI加盟の候補国に選んだようです。

加盟できれば天然資源の世界市場でミャンマーの存在感が高まる。
その一方で、資源開発の透明性向上を求められるようになるため、
既得権益を守りたい勢力からの反発も予想される。

EITIは、石油・ガス・鉱物資源などの開発に絡む多国間協力の枠組み。
資源企業から資源産出国への資金の流れの透明性を高めるもので、
腐敗や紛争を予防し成長と貧困削減につながる資源開発を促進するのが狙い。

現時点でEITIで定められた基準を守る順守国と、
基準を守ることを宣言した候補国を合わせて44カ国が参加している。

EITIは今後、ミャンマー政府に対し、資源開発企業から受け取った
資金の額を公表するよう要求するようです。

鉱区の権益保持者に関する情報や、資源に関連する
国営企業の情報の提供も義務づける。

向こう3年にわたりミャンマー政府が基準を守ることができれば、
同国を候補国から順守国に格上げする方針のようです。

翡翠などが中国に流れているような話もありましたが、
ミャンマー政府の課題のような気がします。

スポンサーリンク

ミャンマー | コメント(0) | トラックバック(0)

歩道で展開される露天

2014年07月18日
☆ミャンマー情報・ミャンマー株式投資ニュース 無料メルマガ

ヤンゴン市内の歩道の露天

スーレーパゴダから東に向かうと、
このような露天にはじまり、食べ物の屋台が並んでいます。

恐らく海賊版のCDやDVDらしきものも売られています。
そんなのを物色しながら歩くのも楽しいです。


スポンサーリンク

ヤンゴン | コメント(0) | トラックバック(0)

ミャンマーと日本で二国間投資協定

2014年07月16日
☆--ミャンマーのネットで予約できるホテル--☆

日ミャンマー投資協定

日ミャンマー投資協定が8月7日発効。
公文を交換したようです。

協定は、日ミャンマー間投資の相互自由化、促進および保護について、
包括的かつ詳細な事項を規定するもの。

ミャンマーにとって初めての本格的な投資自由化協定。
日本は、東南アジア諸国連合(ASEAN)全ての加盟国との間で
二国間投資協定、または投資章を含む経済連携協定(EPA)の締結が完了。

協定は、日ミャンマー間における投資の自由化、保護および促進を図るため、
一方の国の企業などが相手国で投資を行う際の内国民待遇および最恵国待遇、
公正・衡平待遇、契約順守義務、行政上の措置に関連する手続き、送金の自由、
収用の際の補償の条件、紛争の解決方法といった待遇を定めるもの。

この協定の発効で、今後の二国間の投資促進と、経済関係緊密化が期待されます。

スポンサーリンク

ミャンマー | コメント(0) | トラックバック(0)

レオパレス21がヤンゴンに進出

2014年07月14日
★9月15日までの予約が日本人限定55%OFF! ザ バークレイ ホテル プラトゥーナム・バンコク

レオパレス21堀北真希

レオパレス21はヤンゴンに支店を設立し、
日系企業向けのアパートやオフィスなどの仲介、
ミャンマー人の来日に向けた営業などを展開するようです。

ミャンマーと同時にカンボジアにも現地法人を設立。
ミャンマーには約600人、カンボジアには約1500人の
邦人が住んでいるようです。
今後の日系企業の進出の際の顧客を取り込んでいく様子。

レオパレス21は中国、韓国、台湾、ベトナム、タイに現地法人・支店が
既に10拠点あり、カンボジア、ミャンマー、上海を加え13拠点に。
16年度までに海外20拠点にする予定だそうです。

スポンサーリンク

ヤンゴン | コメント(0) | トラックバック(0)

年内に統合されそうな外国投資法と市民投資法

2014年07月08日
★ミャンマー株式投資ニュース

ミャンマーの外国投資法と市民投資法

投資に関する法律を外国人向けと、自国民向けに分けているのは
東南アジアではミャンマーのみのようです。

ミャンマー政府内で、投資環境の透明性を高めるには
2つの投資関連法を融合すべきとの意見が出て、
国家計画・経済開発省が、国際機関を招いて
会合を開いたりしているようです。

法律的には同一が望ましいのかと思いますが、
マレーシアの不動産投資などは外国人投資家は
ローカルの投資家と比較して結構不利な気もしますが…。

スポンサーリンク

ミャンマー | コメント(0) | トラックバック(0)

日本政府が無償資金協力で行う東部カヤー州のバルーチャン第2水力発電所の補修工事

2014年07月06日
☆ミャンマーの旧首都ヤンゴンの安宿情報

日本政府が無償資金協力で行う東部カヤー州のバルーチャン第2水力発電所の補修工事

バルーチャン水力発電所は戦後、他国に先駆けて署名された戦後賠償で
実質的に日本による最初の発展途上国向け資金協力だったようです。

1960年に運転を開始したミャンマーで最も古い水力発電所で、
ミャンマー国内の総発電量の約1割を発電し、
稼働率は国内の水力発電所の中で最も高いそうです。

そんなバルーチャン第2水力発電所の
補修工事が始まったようです。

発電所の設備を更新・補修を日本政府が無償資金協力で実施。
2016年の2月に完成予定とのこと。

スポンサーリンク

ミャンマー | コメント(0) | トラックバック(0)

ビクトリア建築様式のヤンゴン総合病院の建て替え

2014年07月04日
☆--ミャンマーのネットで予約できるホテル--☆

ビクトリア建築様式のヤンゴン総合病院の建て替え

ヤンゴン中心部にある公立のヤンゴン総合病院は
ビクトリア建築様式として知られていますが、
完成から100年以上が経っており、老朽化が目立ち、
建て替えすることになっているようです。

旧国鉄の建物と同様、文化遺産的な建物なので
うまく保存しつつ改修してほしいものです。

スポンサーリンク

ヤンゴン | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。