12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーリンク

スポンサー広告

ヤンゴン国際空港への海外渡航者数が70万人を突破

2014年01月31日
☆ミャンマーの旧首都ヤンゴンの安宿情報

エアーでヤンゴンに到着

国籍別ではタイ人が最も多く11万人で全体の16%。
日本人は2番目に多く6万人とのこと。
韓国、中国、アメリカ、シンガポールと続くようです。

同空港でアライバルビザを取得することができるのは
約50カ国の国籍保有者とのことですが、
それを利用したのは8万人だったようです。

今後の伸び率が気になるところです。

スポンサーリンク

スポンサーサイト
ヤンゴン | コメント(0) | トラックバック(0)

いつか泊まってみたいストランド ホテル (The Strand Hotel)の詳細

2014年01月28日
いつか泊まってみたいストランド ホテル (The Strand Hotel)

ストランドホテルはヤンゴン川沿いのエリアにあり、
商業、外交においても重要なエリアのストランド通りに位置します。

イギリス統治時代の1901年に創業された由緒ある高級ホテル。
格式、歴史、宿泊料金もミャンマートップクラス。
荘厳なビクトリア様式建築で天井も高くなっています。

このホテルの建設に携わったのはシンガポールのラッフルズホテル、
ペナン島のイースタン&オリエンタルホテル、ローンパインホテルを
手掛けたサーキーズ兄弟。この兄弟はアジアに4軒のホテルを建てています。

文豪サマーセットモームが常宿にしていた、
世界大戦で進駐してきた日本軍に接収された、
など、歴史もラッフルズホテルに似ています。

ホテル内ではミャンマー式と西洋式のアフタヌーンティーがあり、
優雅にお茶の時間を楽しむことができます。
ミャンマー料理が美味しいことでも有名なようです。

宿泊予約サイトの宿泊者のコメントでは

・期待を裏切らない
・雰囲気を楽しめる
・まさに大英帝国
・スタッフの方の対応も素晴らしく、素敵なホテル
・コロニアルな雰囲気に浸れる

と、かなり良い感想が多いようです。

いつか泊まってみたいストランド ホテル (The Strand Hotel)

32室全てがスイートルーム。

ストランド ホテル (The Strand Hotel)の料金・詳細を
>>アゴダでみる
>>楽天トラベルでみる
>>HotelTravel.comでみる


大きな地図で見る

その他のヤンゴンのホテルを
>>アゴダでみる
>>HotelTravel.comでみる
>>エクスペディアでみる
>>アップルワールドでみる
>>楽天トラベルでみる


スポンサーリンク

ヤンゴンの宿泊 | コメント(0) | トラックバック(0)

ミャンマーにも高層コンドが建ちはじめる!?

2014年01月25日
☆--ミャンマーのネットで予約できるホテル--☆

ミャンマーにも高層コンドミニアム

ヤンゴンはそこそこ大きな建物も既に建ってますが、
最近、マンダレーで25階建てのコンドミニアムができたようです。

ミャンマーはまだまだ土地があるように思いますが、
土地が高いのだろうか?
住宅用地としての許可が下りない?

低層住宅よりも高層住宅が増えていくことでしょう。

スポンサーリンク

ミャンマー | コメント(0) | トラックバック(0)

マハバンドゥーラ公園方面の様子

2014年01月20日
☆--ミャンマーのネットで予約できるホテル--☆

マハバンドゥーラ公園方面

シティホールはわかってましたが、
マハバンドゥーラ公園というのがあるのは知りませんでした。

滞在中、暑くて、日中はそんな日差しの多そうな場所に
行こうとも思いもよらず。

スーレーパゴダ、シティーホール、マハバンドゥーラ通りに隣接してます。

スポンサーリンク

ヤンゴン | コメント(0) | トラックバック(0)

ミャンマーの縫製業界は人手不足らしい

2014年01月16日
☆--ミャンマーのネットで予約できるホテル--☆

ミャンマーで人手不足の縫製業界

注文をさばききれないほどらしいです。
原因は人材不足と工場用地不足とのこと。

その人件費の安さから世界から注文が殺到してる
感じかもしれません。

同時に海外資本の工場もどんどんできてるようです。
賃金が高い方に労働者が流れてるのも原因の一つかもしれません。

色んな面で追いついていないように感じます。

スポンサーリンク

ミャンマー | コメント(1) | トラックバック(0)

目印にしていた時計塔

2014年01月10日
☆--ミャンマーのネットで予約できるホテル--☆

目印にしていた時計塔

ヤンゴン市内に入り、宿探しをしていて、目に止まった時計塔。
これはランドマークというか、目印だと勝手に思ってました。

後になると、まあ、ないよりあった方が良い程度で、
そんなに目印になってなかったです…。

スポンサーリンク

ヤンゴン | コメント(0) | トラックバック(0)

ミャンマーのSIMでも海外ローミング!?

2014年01月09日
☆ヤンゴンのホテル予約

ミャンマーの携帯会社もローミングへ

ミャンマー郵電公社(MPT)ではミャンマーで買った
シムカードを使って海外ローミングができるようになる
ような話があるようです。

フランスのオレンジと提携すると、33カ国で
ローミングができるようになるとのこと。

タイや中国など近隣諸国からの利用が
多くなると想像できます。

スポンサーリンク

ミャンマー | コメント(0) | トラックバック(0)

1月4日ミャンマー独立記念日

2014年01月04日
myanmarindependenceday

1948年にイギリスから独立し、
ビルマ連邦となった日。

1989年には国名をミャンマー連邦に改称。
現在に至ります。

スポンサーリンク

ミャンマー | コメント(0) | トラックバック(0)

エアーアジアがネピドーとバンコク間路線から撤退

2014年01月04日
☆--ミャンマーのネットで予約できるホテル--☆

エアーアジアの機体

東南アジア競技大会が終わった後、さっさと引き上げた感じ。
大した観光地でもないし。
一応、首都なので、ビジネス客はいるかもしれませんが、
観光客の利用は少なそうです。

「はい、止めます!」と、そう簡単に撤退できるものなのだろうか?
もしかしたら、大会が終わったら撤退することを
半分決めてたのかもしれません。

もし、意外に利用者が多ければ、そのまま~と。

スポンサーリンク

旅行情報 | コメント(0) | トラックバック(0)

ミャンマーから中国への木材の密輸

2014年01月02日
☆--ミャンマーのネットで予約できるホテル--☆

中国に密輸される木材

木材の輸出の貿易統計でミャンマー側と中国側で
全然違う金額が出ているようです。

ミャンマーでは3万ドルの輸出額に対し、
中国側では1750万ドルの輸入額!?

ミャンマー側にも中国側にも原因はありそうな感じです。

日本で使われる割り箸のほとんどが中国産と聞いたことがあります。
もしかしたら、知らずに日本にも流れてきてたりして…。

ミャンマー政府は翡翠なども合わせ周辺国との密輸に
頭を悩ませてるそうです。恩恵を受けてる役人もいるんでしょうけど。

ミャンマーとタイの国境、ミャワディーとタチレクでも
月に1億3千万ドルにのぼるらしい。

どちらの国境へも行ったことがありますが、
そんな風には見えませんでした。

一体何を密輸してんだか…。

スポンサーリンク

ミャンマー | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。