09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーリンク

スポンサー広告

ミャンマー軍が女性士官募集中

2013年10月30日
☆ミャンマーの旧首都ヤンゴンの安宿情報

ミャンマーで軍が女性士官募集中

ミャンマーで軍が女性士官を募集し始めたらしい。
募集条件は大卒以上、29歳以下の未婚のミャンマー人女性。

採用された女性は陸軍に配属されるらしい。
メディアで募集するだけあり、スパイ要員ではないようで…。
イギリスの007は普通にネット上で募集要項がみれますが。

採用後はダブルオー、いや、少尉以上の階級を与えられるようです。 

スポンサーリンク

スポンサーサイト
ミャンマー | コメント(0) | トラックバック(0)

今日から格安航空会社、ゴールデン・ミャンマー航空が就航

2013年10月28日
☆ミャンマーの旧首都ヤンゴンの安宿情報

ミャンマーの格安航空会社、ゴールデン・ミャンマー航空

今日、10月28日からミャンマーの格安航空会社の
ゴールデンミャンマー航空がヤンゴン~ネピドー間を結ぶ路線を開設。
週4便、片道30ドル~。

ヤンゴン~ネピドー便を就航する航空会社はこれで6社目らしい。

スポンサーリンク

ミャンマー | コメント(0) | トラックバック(0)

ヤンゴン川の渡し船のある桟橋

2013年10月25日
☆ミャンマー情報・ミャンマー株式投資ニュース 無料メルマガ

渡し船への浮き桟橋

船着き場側にとまってたボート

船着き場側にとまってたボート

このボートたちは何に使われるのでしょう?
通勤通学ラッシュにはフル活動するのだろうか?

船着き場側にとまってたボート

この桟橋の先には大き目の船が停泊していて、
ローカルの人たちの渡し船となっているようです。

ミャンマーの川崎と木更津か!?

スポンサーリンク

ヤンゴンの交通手段 | コメント(0) | トラックバック(0)

今日から発売の低価格のSIMカード

2013年10月23日
☆--ミャンマーのネットで予約できるホテル--☆

ミャンマーでGSM SIMが暗市場で市価の100倍に

本日10月23日からミャンマー郵電公社(MPT)より
1枚1500チャット(約150円)のシムカードを販売。

数量限定で36万枚。
すぐに売り切れるんでしょうけど。

低価格のSIMカード販売は携帯電話の普及率を向上させるための
政府の施策で今年の4月から段階的に販売。

携帯やスマホを片手に歩くミャンマー人が
その辺にいるのが当たり前になるのも時間の問題かもしれません。

スポンサーリンク

ミャンマー | コメント(0) | トラックバック(0)

ヤンゴン市内中心部にあるサクラタワー

2013年10月22日
☆--ミャンマーのネットで予約できるホテル--☆

ヤンゴンのサクラタワー

スーレーパゴダから北方向を見ると、
2つ大きな建物があり、一つはトレーダーズホテル、
もう一つがサクラタワーというらしい。

最初に見た時、オフィスビルだとは思ってましたが、
妙に目に入るので、何なんだろうな~と。

1999年に日本の投資で建設。
20階建て、高さ100mの建物だそうです。
サクラタワーというくらいで、日系企業も多く入居。

ヤンゴンの賃料高騰もあり、新規入居で1㎡で90ドルとのこと。
たかっ!

東京都内とそんなにかわらないような…。

しかし、サクラタワーは停電時の自家発電による
電気供給のバックアップが各部屋まで届き、高速ネット回線も。

そんな設備が人気で入居希望者が後を絶たないとか。

一般的なオフィスビルだと、停電時に共有スペースまでしか
電源がこなく、業務に支障をきたすことも日常茶飯のようです。

20階にヤンゴン市内を一望できる展望レストランがあるようなので、
一度、行ってみたいものです。

スポンサーリンク

ヤンゴン | コメント(0) | トラックバック(0)

トレーダーズホテルでも爆弾テロ…

2013年10月20日
☆--ミャンマーのネットで予約できるホテル--☆

トレーダーズホテルヤンゴン

ヤンゴン中心部のトレーダーズホテルで爆発があり、
アメリカ人女性が負傷したそうです。

9階の客室に置かれていた不審物が爆発したらしい。

このところ、ヤンゴンを中心にマンダレーや
パゴーなどで起きてるテロと関連しているようで、
少数民族武装勢力が関与している可能性もあるようです。

今後、どうなるのか未知な感じ…。

スポンサーリンク

ヤンゴン | コメント(0) | トラックバック(0)

商標法や特許法が存在しないミャンマー

2013年10月17日
☆--ミャンマーのネットで予約できるホテル--☆

ミャンマーで商標登録

ミャンマーの知財保護に関する法律は、
著作権法というのがあるそうです。

しかしこの法律は1914年に制定されたものらしく、
現代の事情にフィットしない様子。

近隣のアジア諸国では法律があってもないかのごとくの
国もあったりしますが…。

ミャンマーに進出する多国籍企業は自社の商標(ロゴ)を
登記所で登録し、商標や特許を新聞に公告掲載するそうです。
それで権利を明らかにしているとのこと。

日本の特許庁はミャンマーの知的財産権システムの
整備に協力する支援チームを設置していくようです。

法律を整備しても、意識を浸透させるのに
時間がかかるような気がしてなりません。

スポンサーリンク

ミャンマー | コメント(0) | トラックバック(0)

名前でわかるミャンマー人の生まれた曜日

2013年10月15日
☆--ミャンマーのネットで予約できるホテル--☆

ミャンマーのカレンダー

まず、ミャンマー人には苗字がありません。
いくつか並べられるのは全て名前なんだそうです。

最初は誕生のときに与えられる名前で、生まれた曜日に因んだ文字が
頭文字となるようにするのがビルマの習慣です。

通常、これが正式の名前(IDカードにも記載の名前)。
なので、最初の名前からその人の生まれた曜日がわかります。

さらに家族や隣近所の親しい人たちだけが使う短い名前がつけられ、
学校へ通うおうになると、そこでも名前がつけられます。
いくつかの名前が一通り与えられたあと、
さらに自分で新たな名前をつけることもあるようです。

スポンサーリンク

ミャンマー | コメント(0) | トラックバック(0)

フォードもミャンマー市場に参入

2013年10月12日
☆--ミャンマーのネットで予約できるホテル--☆

フォードもミャンマー市場に参入

フォードも新車でミャンマー市場に参入するようです。
ヤンゴンに販売店を開設したとのこと。

日系自動車メーカーもどんどん参入している中、
市場は熾烈な戦いになっていきそうな雰囲気です。

スポンサーリンク

ミャンマー | コメント(0) | トラックバック(0)

できないと言えないミャンマー人気質(ヤーバデー)

2013年10月10日
☆ミャンマー情報・ミャンマー株式投資ニュース 無料メルマガ

断れないミャンマー人

ミャンマー人はできなくても断らない気質なんだそうです。
ある意味ポジティブですが…。

なので、ヤーバデー(いいですよ)と言われても、
そのまま受け取ると、痛い目にあうことになることも。

何となく、ミャンマーだけではないような気もします。
暖かい土地柄というか、NOと言えないのかも。

インドのノープロブレムとはまたちょっと違うんでしょうか。

スポンサーリンク

ミャンマー | コメント(0) | トラックバック(0)

アメリカ財務省のSDNリスト

2013年10月07日
☆ミャンマー情報・ミャンマー株式投資ニュース 無料メルマガ

アメリカ財務省SDNリスト

民政移管などが認められ、制裁もかなり緩くなったものの、
SDNリストに載ってる企業などは外資と合弁企業を作ったり
できないっぽい感じです。

アメリカの企業活動に影響しないよう再検討するらしい。
ミャンマーでなくアメリカの利益のために!?

ミャンマーでは個人42人、企業が57社載ってるらしい。

確か、ヤンゴン国際空港を作った企業か、トップの人も
リストに載ってたような。

ノーベル賞受賞者のアウンサンスーチー氏も
リストに載ってる企業から献金を受けてるらしいですが、
今後、リストから消えていくのかもしれません。

スポンサーリンク

ミャンマー | コメント(0) | トラックバック(0)

中古車輸入の年式規制緩和

2013年10月04日
☆ミャンマーの旧首都ヤンゴンの安宿情報

ヤンゴン市内の交通渋滞

これまで輸入が認められていた年式は1997年~
2007年の中古車だったようです。

新たに2008年~2011年の年式の中古車も
認められ、既に輸入、販売されているらしい。

JAFのステッカーなどそのままつけて走ってる車を見て、
十分キレイで新しいと思ってましたが、
今後は新車と変わらない車が出てくるのかもしれません。

スポンサーリンク

ミャンマー | コメント(0) | トラックバック(0)

ミャンマーの識字率95%超

2013年10月01日
☆ミャンマーの旧首都ヤンゴンの安宿情報

ミャンマー人の識字率

今年のミャンマーの成人識字率が95.13%になったそうです。
2002年の91.8%から11年で3.3%向上。
この識字率も産業を発展させる要因になることは間違いありません。

軍事政権もそれなりに教育は考えられてたのだろうかと思いましたが、
ミャンマーには、寺の僧が貧しい家の子どもたちに無償で
「読み・書き・そろばん」を教える習慣があるんだそうです。

なので、新興国の中も高い識字率のようです。

スポンサーリンク

ミャンマー | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。